福島Tropical徒然日記


名前が長いので「ねぎとろ」に変更です。福島でやってみるtropical日記
by ねぎとろ
カテゴリ
全体
マンゴー(キーツ)
マンゴー(アーウィン)
マンゴー(アルフォンソ)
マンゴー(ナムドクマイ)
マンゴー(キャット)
マンゴー(R2E2)
マンゴー(アンダーソン)
マンゴー(マリカ)
マンゴー(ラポザ)
マンゴー(ゴーベイア)
マンゴー(レッドキーツ)
マンゴー(グレン)
マンゴー(キンシン)
マンゴー(キンコウ)
マンゴー(マンサニーヨ)
マンゴー(玉文6号)
マンゴー(タハール)
マンゴー(ゼブダ)
マンゴー(ベネットアル)
マンゴー(ドット)
マンゴー(アランプアー)
マンゴー(ケンジントン)
マンゴー(マダム)
シャカトウ
アテモヤ
マンゴスチン
アボカド(ベーコン)
アボカド(メキシコーラ)
アボカド(モンロー)
アボカド(チョケテ)
アボカド(マラマ)
アボカド(カハルー)
アボカド(シモンズ)
アボカド(ハス)
アボカド(ヤマガタ)
アボカド(ピンカートン)
アボカド(サンミゲル)
アボカド(フェルテ)
アボカド(ニムリオ)
アボカド(ウィンター)
アボカド(エッティンガー)
アボカド(フルマヌ)
アボカド(プーラビーダ)
アボカド(リード)
アボカド(ミゲル)
アボカド(グリーンG)
アボカド(ロレッタ)
ミルクフルーツ
ライチ(黒葉)
ライチ(ノーマイチ)
ライチ(カオシュンアーリー)
ライチ(佐多)
ロンガン(大潤帝)
ロンガン(ビオキオ)
ドランゴンフルーツ
ミラクルフルーツ
ぶどう
柑橘
バナナ(スーパーミニ)
バナナ(ドワーフブラジリアン)
オリーブ(アザパ)
オリーブ(アルベキナ)
オリーブ(ピクアル)
オリーブ(ピッチョリーネ)
オリーブ(バロウニ)
オリーブ(オヒブランカ)
オリーブ(カラマタ)
オリーブ(177)
オリーブ(ハーディーズ)
オリーブ(カヨンヌ)
オリーブ(ミッション)
オリーブ(マンザニロ)
オリーブ(ジャンボカラマタ)
オリーブ(ビアンケーラ)
オリーブ(ブガ)
オリーブ(グリニャン)
オリーブ(サンタ カテリーナ)
オリーブ(ノチェッラーラ)
オリーブ(品種不明)
オリーブの新漬け
種から(ドランゴン)
種から(マンゴー)
種から(ジャックフルーツ)
種から(ライチ)
バラ
洋ナシ
その他
リンゴ
オリーブ(チェリニョーラ)
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
うちの嫁も今まで東京でマ..
by tsune-chi at 07:32
tsune-chiさん ..
by tropicalfukushima at 22:53
ねぎとろさん お久しぶ..
by tsune-chi at 20:48
私も数本バラがあり、うど..
by tsune-chi at 07:12
> waitakaさん ..
by tropicalfukushima at 16:14
>tsune-chiさん..
by tropicalfukushima at 16:11
ねぎとろさん お久..
by tsune-chi at 13:34
これはいい苗ですね~ ..
by waitaka at 10:03
情報ありがとうございます..
by さいとう at 20:38
> さいとうさん ..
by tropicalfukushima at 18:31
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ジャンボカラマタの接木作成

b0261760_7532381.jpg


タイトルと画像が一致しませんが・・・
上の画像は小倉園さんのカラマタ。
なんでこれを使用するかというと・・・写真を撮り忘れたから・・・



さて、前回更新したウッドフェンスの支柱の完成の記事ですが、その画像の中にジャンボカラマタの大苗が写っています。

このジャンボカラマタは結構樹形が良いのですが、それでも下に向いた枝が出ています。

本格的な剪定はこれからですが、間引いた元気な枝を捨てるのは勿体無いので、接木をしました。



今回使用する台木になるのは、カ○メルという通販サイトでカラマタだということで、購入した小さな苗。

実際育ってみると、まったくカラマタの特徴が出ていません。

と、いうことで、皆さんお気をつけくださいませ。


品種が不明な以上、何らかの方法で寄与してもらわなければなりません。

と、いうことで、この子に決定!!


で、根元からバッサリと切り落とし、ジャンボカラマタを接ぎました。

いまは、マンゴスチン専用温室(育成用蛍光灯+加温20度設定)で静養中でございます。

ちょっと枝を長めにとったので、乾燥を防ぐようにペットボトルを被せておきました。
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-29 08:14 | オリーブ(ジャンボカラマタ) | Comments(0)

ウッドフェンスの支柱完成

b0261760_741867.jpg



先週から徐々に動き出したウッドフェンスのDIY。


週末は、お天気も良く気温も高めだったので、さらに計画を進めました。



いちおう、支柱となるべき角材は、防腐処理のされたものを選んでいますが、さらに防虫防腐の塗料を使用し、ウッドフェンスらしい色にしました。

この塗料が乾いた頃を見計らって、インスタントコンクリートを塩ビ管に流し込みます。

角材は2.5m、うち0.5mをコンクリートの中に埋め込みます。

お昼頃にコンクリートを流し込んだので、本当は約3-5日程度養生が必要ですが、翌日には土の中に入れてみました。

ただ、水平はとっていないので、来週に水平をとり、いよいよウッドフェンスを完成させる予定です。



意外といけんるじゃないの!?
(自我自賛!!笑)
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-29 07:49 | その他 | Comments(0)

アボカドのメキシコーラの様子

b0261760_7415317.jpg


アボカド:メキシコーラ


アボカドの中では最古参のメキシコーラ。

耐寒ありだからといって、冬の間も外に出しっぱなしで管理していたのですが、やはり福島の寒さには耐えられなかったご様子・・・

花芽もやられ、やむなく撤退した・・・今はよい思い出・・・


それから2年ほど経過しましたが、順調に回復しスクスクと成長してくれています。

花芽の出方もよく、多くの花が期待できそうです。

この苗は日差しの強い真夏の直射日光でもビクともしない苗なので、非常に管理が楽です。

はやり、小さいときからの教育が大事ということですね・・・

紫外線カットの透明波板の下でヌクヌク生活を送っていたフェルテなどとは貫禄が違います!!


もう少し暖かくなったら、少しずつ施肥をしてやりましょう!!
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-26 07:47 | アボカド(メキシコーラ) | Comments(0)

アボカドのベーコンの様子

b0261760_7342029.jpg


アボカド:ベーコン


暖かく風のない日には、日光浴をさせているアボカド。

ベーコンもここ数日でプックリとしてきた感じがします。


が、この苗はまだまだ小さいので、着果は望めないのですが、他の品種への受粉が望めるので、放置です。


アボカドを数年育ててきた経験からすると、人工授粉なんてするもんじゃないです。

はやり、自然というか虫君たちにお願いしたほうが、全然楽です。
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-26 07:38 | アボカド(ベーコン) | Comments(0)

ノチェッラーラの様子

b0261760_7411652.jpg


オリーブ:ノチェッラーラ デル ベリーチェ


気温が15度近くに上がった次の日は5度になったり・・・

体調を維持するのは難しい今日この頃・・・


春が近いということでしょう。


さて、我が家のオリーブちゃんたちも、ちょっとずつ春めいてきたようです。

新芽が出始めているので、目に見えるようになってくると春を一層感じることが出来ますね。


さて、そろそろスリット鉢へ移してやりたいのですが、パワジオさんにいつものオリーブ専用用土を注文していないし、庭の改造に忙しいし・・・


昨年の秋に購入したオリーブたちは14苗近くになるので、徐々に植え替えをしてやりましょう。

優先順位は、ノチェッラーラ→サンタカタリーナ→カラマタ→グリニャン→ビアンケーラ→その他

という感じで考えています。


そうそう!!

冬の間の最後の買い物として、小倉園さんのカラマタを注文しておきました。

散財して、家族になんというか考え中。。。
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-25 07:52 | オリーブ(ノチェッラーラ) | Comments(2)

バラのマイガーデン登場

b0261760_7312344.jpg


バラ:マイガーデン


先日、京成バラより購入した最後の苗が発送されてきました。

とりあえず、これでバラの購入は最後。

あとは、庭の完成をまって植えつけるとしましょう。


いままでは、ストロベリーマカロンやターンブルーなど特に香りが強いものではなく、きれいな品種を購入してきましたが、次は香りの強いものを・・・

そして、きれいなものを・・・

ということで、この品種を選択。

週末には、大きな鉢に移してやりましょう!!
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-24 07:36 | バラ | Comments(0)

サンミゲルの葉焼け

b0261760_7353748.jpg


アボカド:サンミゲル


天気がよければ10度近くまで気温が上がるようになってきた福島市。

そろそろ、アボカドたちを外に出して日光浴をさせるようにしています。

がっ!!

ご覧の通り葉焼けが・・・


これには、原因がありまして・・・

昨年からブドウ棚の下であれば、大きく成長した枝を吊るせると思って、下に配置したんです。

で、ブドウは雨に濡らさないように、透明な波板を設置してあるので、スクスクと成長してくれたんですね。

葉の厚みもない貧弱な枝先になってしまったようです。


斜めから直射日光が入るから大丈夫と思っていたのですが、甘かったようです。

と、いうことで、今年は樹高のない植物たちを配置することにしましょう。


こりゃー花芽もやられましたな・・・
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-23 07:47 | アボカド(サンミゲル) | Comments(0)

DIYでお庭づくり・・・

b0261760_74382.jpg



最近はまりつつあるバラの栽培。

であれば、バラの似合うお庭にしたい・・・

と、いうことで、まずは西側のコンクリートブロックがある場所へウッドフェンスを設置することに・・・


ホームセンターで売っているものを買えば、見た目も良いし簡単だし・・・

しかし、お金がかかる!!


こうなると、DIYしかないですね~

ウッドフェンスの支柱を支える土台から設置しなければ・・・

これもホームセンターで売ってます。

1つ約1,500円程度。

今回は6m程度の壁なので、1.5mおきに支柱を作るとなると4本必要となります。

そうすると土台だけで6,000円。

高い・・・

すでに予算オーバーだし・・・

で、ネットを見てみると、塩ビ管を使用したものがありますね~

塩ビ管に支柱となる木材を刺して、その塩ビ管の中にコンクリートを流し込む。

と、いうことで、この方法に決定!!

以下のものを購入
・塩ビ管(125mm)×4=約3,000円
・3mの腐食防止された木材×4本=約2,000円
・インスタントコンクリート×1=約600円


塩ビ管は1mの長さなので、半分に切断。
木材も2.5mに切断して、50cmは土の中に入ることになります。


それが完了したら、穴掘り開始~!!

寒い中、鼻水を垂らしながら掘ること約2時間。。。。

どれだけ石がでてくるんだよ・・・
と、いう感じですが、無事4本の穴掘りが完了!!

今日はここまで・・・
体が限界です。
頑張りました・・・

今朝は全身筋肉痛です。




b0261760_759246.jpg



この4本の木材が支柱となる予定です。

一応、防虫防腐の茶色の塗装をして、週末にでもコンクリートを流し込みましょう!!
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-22 08:00 | その他 | Comments(0)

バラのレイニーブルー到着

b0261760_8435589.jpg


バラ:レイニーブルー


雑草だらけの庭を変えるべく、いろいろを考えている今日この頃・・・

最近は、バラにも興味も持ちだしたので、今回は京成バラからレイニーブルー、マイガーデン、ジャスミーナの3苗を購入しました。

すでに、ストロベリーマカロンやターンブルーそしてピエールドゥロンサールを持っていますが、かなり魅力にはまりつつあります。

きれいなお庭を維持するには努力が必要ですが、それもまた面白いでしょう!!


雑草の生えない庭・・・
そのための単純な方法は約3つほど考えられるが、弊害も・・・
・レンガ敷き→オリーブなどへの支柱がさせない
・芝をはる→支柱はOKだが、コガネムシなどが発生する可能性も
・枕木やウッドチップなど→支柱はOKだが、シロアリの発生も

まあ、シロアリはいやなので、コガネムシは許容範囲か・・・

庭のすべてに芝を張るのではなく、鉢を置く場所にはレンガを敷いて、その周りを芝を植えるということにしようかと考えがまとまりつつある状態。

そしてコンクリートブロックむき出しの場所には、木のフェンスを作ってそこにつるバラを・・・

まあ、もう少しジックリと考えましょう。


まずは、今週あたりから表土の雑草除去から開始です。。。
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-19 09:15 | バラ | Comments(2)

ジャンボカラマタのようす

b0261760_7403440.jpg


オリーブ:ジャンボカラマタ


我が家の植物のなかで最大な木であるジャンボカラマタ。

まさにシンボルツリーなので、暑かろうが寒かろうが外で頑張ってもらっています。

まあ、このクラスならばちょっとの事では、あわてる必要はありません。


しかし、このジャンボカラマタ・・・。

月明かりを浴びて夜な夜な浮かび上がる姿は美しい。

特に、風もなくシーンと静まり返った夜中に酒を片手に庭に出て月とオリーブを眺めていると1日の疲れも忘れてしまいます。
[PR]

by tropicalfukushima | 2016-02-08 07:48 | オリーブ(ジャンボカラマタ) | Comments(2)